藤森愛

個人で活動をしていると事務所などのバックアップがないため、活動資金がなければできない、もしくはアルバイトをしそのお金で誰かにやってもらうかの選択肢になってしまいます。LIBER(リベル)は自分自身がスキルを身につけることによって、やりたいことを実現できる幅を広げてもらいたいという想いから立ち上げました。ある程度知識を身につけることによって、誰かにやってもらう時でも対等な立場で組めるようになります。

​私自身もアーティスト「藤森愛」として現役で活動している立場から、アーティストに寄り添ったサポートをご提供できると思っています。

 

所属をしないで自由に活動をしていきたい方へ、所属をする前に一人での力もつけておきたい方へ、独立を目指している方へ、変化の多いこれからの時代を生き抜いていくためのスキルをLIBERで身につけてみませんか。

LIBER 代表 杉浦愛

​藤森愛 BIOGRAPHY

"Independent Artist(何にも属せず独立しているアーティスト)"として全てをセルフプロデュース。​シンガーソングライター・イラストレーター・ライター・プロジェクトマネジメントなど幅広い分野のスキルを持ち合わせており、それぞれを掛け合わせたスタイルで多方面へ活動を展開。様々なプロジェクトの企画や立ち上げも自ら行なっている。

▽2011年、シンガーソングライターとしての活動を開始。

▽2013年、初主催イベントを名古屋BOTTOM LINEにて開催。

▽2015年、弾き語りワンマンライブツアーを東名阪にて開催。

▽2017年、アメリカカリフォルニア州で開催された世界最大規模の楽器見本市「The NAMM Show」へ出演。2年連続で2018年にも出演。

▽2018年、フルバンド一発レコーディングで完全無修正のベストアルバムを制作し、一般にもその現場を公開するプロジェクトを立ち上げ、クラウドファンディングで¥2,174,000を集める。

▽同年、名古屋最大規模のフリーイベント「栄ミナミ音楽祭′18」の矢場公園メインステージオーディションを約550組の中から勝ち抜き出演。

▽同年、フルバンドワンマンライブツアーを東名阪にて開催。

▽同年、Taylor Guitarsと山野楽器とArtist Loungeとコラボした藤森愛が歌わずにホストを務める企画、"Taylor Guitars Talk & Live「歌輪ナイト」"を立ち上げ定期で開催。

▽2019年、曲作りからレコーディングまでの制作過程を全て見せるプロジェクトを立ち上げ、オンラインショップ販売のみで¥920,000を越える制作費用を集める。音源を全曲無料ダウンロード&ロイヤリティーフリーにし、CDを売らないツアーをCDショップ主催のインストアライブで販売し、新聞やラジオなどの各メディアへ取り上げられた。

▽同年、岩国市長への表敬訪問にて、山口県と岩国市をモチーフに描き下ろした原画を岩国市へ寄贈。

▽2020年、「第13回ナゴヤアドベンチャーマラソン」のランナー応援ソングとして「一瞬ランナー」を書き下ろす。

▽同年、COVID-19の影響による音楽関係者への支援プロジェクトを立ち上げ、CBCテレビ「チャント!」で放送。

▽同年、ハフポスト日本版でコラム記事を寄稿。

▽同年、GROOVE Xが開発したLOVOTの「LOVOTと教育」をテーマにした記事を寄稿。

▽2021年、Zac Brown、KT Tunstall、Jason Mrazを含むアーティストらが結集したCOVID-19のチャリティープロジェクト「I Know What Love Is」へ参加。

▽同年、「日比谷音楽祭2021」の配信内で流れたTaylor Guitarsのプロモーション映像の楽曲を制作。

▽同年、音楽とイラストがコラボレーションした個展“藤森愛10周年記念作品展「人生如夢」”を、全長約61mある公共ギャラリー、名古屋セントラルギャラリーにて観覧無料で開催。

藤森愛 OFFICIAL WEBSITE